夏先取り・BBQなら

暖かい季節になると、心なしかわくわくしてきませんか。

蛍に始まり、プール・海・BBQ・台風等々イベント盛りだくさんな季節は

想像するだけで、楽しくなっちゃいます。

今回は、BBQについて記載してみますが

皆様、BBQは何処でやりますか?

自宅・海・公園・・等々場所を確保しちゃえば

後は焼いて、食べて、雑談に花を咲かせるイメージですよね。

私もBBQは大好きで、なにより一番良いのは自宅BBQです。

準備も片づけも一番楽ちんで、準備忘れがあってもリカバー

しやすい環境になります。

私なりのお勧めグッズやこだわりを下記に示します。

◇準備編(グッズ)

炭(備長炭じゃなく安い炭が便利)

液体着火剤(固形より火を熾しやすい)

鉄板(簡易的なものでも可)

網(最低2枚は欲しい)

割りばし(人数分×3程度)

紙皿

紙コップ

折り畳みチェア

クーラーボックス

ビニール袋

うちわ

最低限これに食材があれば実施可能

◇準備編(食材)

牛脂

魚介類

ドリンク

氷(飲食用と保冷用)

焼き肉のたれ

塩胡椒

野菜

大根おろし

焼きそば(ここ大事です♪)

◇仕込み編

食べれるサイズにカット

根菜物(芋・かぼちゃ)等はアルミホイルで包む

キノコ系もバター+胡椒+アルミホイル包み

◇実践編

炭を熾します。

大きい炭は少々割って細かくする。

炭どおしの隙間を確保するように積み上げて

着火剤を振りかける。

その上に粉々になった炭をまぶす。

着火剤に火をつける。

少々風があればうちわで仰ぐまでもなく火は熾ってしまいます。

ここで注意したいのは、気合を入れて高級な備長炭等で

やっちゃうと中々火が熾ってくれません。

お求めやすいスカスカの炭がBBQにはもってこいですね。

火が炭にいきわたった感じになると、網や鉄板をのせましょう。

すぐにお肉を乗せても焦げ付いちゃいますので

ここで登場するのが牛脂です。

これを網や鉄板に乗せて、火加減を探ります。

あとは皆様良きようにお肉・お野菜・貝類を焼いていけば

大成功間違いないんですが

私なりの拘りとしては、ホイルに包んだお野菜達を

いいタイミングで炭の中に投入することです。

これで、30分後位に取り出せば、甘いお野菜のホクホクホイル包みが完成してます。

また、終盤になりますが、焼きそばは欠かせません。

みんなおなか一杯になったつもりでも、BBQの焼きそばは別腹なんです。

なんで今頃焼きそば焼いてるの~みたいな後ろ指刺されても

焼いてみましょう。みんな美味しく完食しちゃいます。

もう一つお勧めのグッズとしては、これ!

コールマン社製ドリンククーラー

この中にドリンクと氷水入れておけばキンキンに冷えたドリンクを楽しめます。

準備するアイテムが多く、片付けもあるので自宅BBQが私には一番向いてます。

海や公園でやるときは、ゴミを残さないように皆様気を付けましょう。

使う前より美しく♪

いい言葉です。

Share This: