スマホとサラリーマンと通勤電車と

スマホゲーム盛んですよね

電車に乗ると見渡す限りスマホいじっている方ばかりです。

わたしもその一人ですが、そのゲームも多様で

同じゲームをやってる方をお見掛けしなくなりました。

ひと昔なら「パズドラ」

これは大ヒットしましたよね、電車内でも見渡す限りパズドラー

でしたが、今はどんなでしょ、パズルゲームからRPG・アクションまで

多様化の時代です。

私がはまってるのは通称「クラクラ」クラッシュオブクランというゲームです。

会社の同僚に勧められ、数年前に始めましたが、未だに継続しており

電車内でゲームするのにちと恥ずかしさもあります。

今回はこのゲームについて、過去履歴的に記載してみます。

※あくまでこのゲームをお勧めしてる訳ではなく、はまってる理由を徒然なるままに的な感じで記載してます。

まず、このゲームは何かと言うと

①個人のお城を作る

②お城と兵隊を強化する

③集団のコミュニティーに参加する

③その集団で他の集団と対戦を行う。

④勝敗結果で得られるボーナスで、自分の城と兵隊を強化する。

⑤そのルーティンワークを続ける

ざっと言うとこんなゲームです。

中にも②③あたりに戦略性が隠されていて、私がはまっている理由となります。

戦略性って言われてもと思うかもしれません。

はまりやすい理由が、お城の強化が序盤は簡単なんです。

・すぐレベルアップしちゃえてしまう。

ここでちょいはまりますww

・次に、兵隊の強化には時間が掛かってしまう。

ここでゲームから離れる人がいます。

・自分のお城と兵隊強化に少々自信があったけど集団のコミュニティに参加すると井の中の蛙だと気づいてしまう。

※ここ大事です。負けず嫌いな方はしっかりはまってしまう可能性大

・顔もわからないコミュニティですが、それぞれに役職を与えられ

それなりの成果を周りが期待しちゃう。

※これもサラリーマンを映した鏡のようで、ついはまりこみます。

・集団戦なので、継続参加を余儀なくされてしまう。

これは日本人としては弱い!!

・集団戦を継続するとコミュニティレベルアップの恩恵がある。

これも日本人には弱いポイントですよね。

・集団戦に勝利しちゃうと多大なボーナスとチーム内の結束力が固まり

次回もよろしく的な雰囲気

※これまた日本人には弱いです。そこそこチーム内で一体感が生まれてしまうので

そんな訳で日本人である私にドストライクなゲームに電車内でも

周りの目を気にしつつ頑張っております。

っていう時間を、他の有意義な事に使えたらって

ご指摘はスルーしちゃいますw

Share This: