紙巻タバコからIQOSに移行してわかった3つの事

喫煙は嗜好の世界。

しかしながら最近の喫煙者は肩身の狭い思いをすることが多いのも事実でございます。

そんな状況を打破するかもしれないアイテムが最近ゾクゾクと発売されております。

選択肢の一つであり、今後の第一候補となりえる「IQOS(アイコス)」

一般的に浸透してきた感があります。

メリットとしては

①火を使わない

②ニコチン摂取可能

③お手軽である。

並べ立てると良い事ばかりですね。

続いて、後発で販売された、Ploom TECH

こちらも上記①②③のメリットはありますが

タバコを吸った感覚が薄かったため、知人にあげちゃいました。

続いて、お江戸の時代から愛され、現存する「煙管(キセル)」

IQOSとは逆に

①火をくべるまでが面倒

②ニコチン摂取するために、キセル自体の手入れが面倒

③風の強い室外では使用困難

うーん、時代の移り変わりと共に、使用人口は減ってきてますよね

しかし、和服を着用した時には、雰囲気があっていい感じです。

通常の紙巻タバコから脱却してみようと思い、新型IQOSを購入してみましたが

続ける過程については、別途記載していきます。

Share This: